入れ歯が出来るまで

上下全ての歯を失ってしまった患者様の場合には、「どのような高さで噛むようにするか」「どこで噛むようにするか」を決定する必要があり、非常に精密な技術を必要とします。型取り、咬み合わせの高さ決定、あごの動きの検査をしてどこで噛ませるかの決定、試し入れ、入れ歯の完成、その後の調整といったステップで入れ歯を製作します。

1. カウンセリング

お一人おひとりにピッタリ合った精密な入れ歯を作るために、まずはカウンセリングで、現在の入れ歯のお悩みや困っている点などを詳しくお聞きします。

2. 診査・診断

その上で、現在のお口の状態を調べ、正確な診断をします。


3. 治療計画の説明

診断結果を元に治療計画を立て、後日、現在のお口の状況と今後の治療の流れなどをご説明させて頂きます。

どのような治療、どの入れ歯が最も合っているかや、治療費用などについても明示させて頂きます。


4. 型取り(上下を同時に型取り)

精密な入れ歯、自分にピッタリ合った入れ歯を作るために大切なこととして、この「型取り」が非常に重要です。非常に多くの方が入れ歯が合わずに「痛い・噛めない・外れやすい」などのお悩みがあったり、入れ歯安定剤に長期的に頼っていたりしている原因の一つに、この、型取りの段階でうまくいっていないといったケースが非常に多いのです。

型取りをする材料。

型をとりの風景。上下同時に取ります。


一般的に入れ歯の型取りは、上顎、下顎、それぞれ別々に行います。しかし、この上下を別々に取る方法では、口腔内に広がる空間が、実際よりも小さく型取れてしまう可能性があります。
当院では、上顎、下顎を同時に型取りを行うため、口腔内の空間の広がりをより忠実に型取ることが可能となっています。この「型取り」が、あなたにピッタリ合った入れ歯製作では「キモ」といえる部分です。また、この「型取り」にとことんこだわり、口腔内の情報を100%といえるほどに多く、忠実に手に入れることが、入れ歯の完成度を大きく左右します。

実際に取った「型」

別の角度から見たところ。


5. 咬み合わせ

咬み合わせは非常に重要です。ここでかみ合わせがズレた状態で入れ歯を作ってしまうと、上顎と下顎の歯の本来当たるべき部分と違う部分が当たることで、入れ歯に無理な力がかかり、入れ歯が動いてしまう原因にもなります。

咬み合わせの調整風景。

このようにまずは噛み合わせの高さを決めます。


6. 顎の動きの検査

咬み合わせの高さを決めた次に、あごの動きの詳細を調べます。そして「どこで噛ませるか」を決定します。


7. 試し入れ

入れ歯完成の前に、ろうの上に人工の歯を並べて、最終的な確認や調整を行います。

8. 入れ歯の完成

あなたにピッタリ合った入れ歯が完成しました。

9. 完成後の調整

入れ歯完成後は微調整をする必要があります。快適に使用するためには非常に大切です。入れ歯完成直後、翌日(数日後)、1週間後に微調整を行います。


10. 定期的なチェックと調整(メインテナンス)

口腔内の状態はずっと一定であるわけではなく、個人差はありますが、様々な変化が起きます。入れ歯を快適に使い続けるためには、定期的なメインテナンスが大切です。特に下顎は変化しやすい特徴があります。定期的にチェックを受け、微調整をする必要があるのです。年に1~2回が理想的です。


入れ歯のお手入れについて

せっかく作った精密入れ歯を快適に使っていくために、毎食後、就寝前、起床時、定期的なメインテナンスなどを行っていきましょう。


食後の入れ歯お手入れ方法

  1. 食後は入れ歯を外します。入れ歯に破損などはないかチェックもしておきましょう。
  2. 入れ歯専用のブラシを使って、蛇口から出てくる流水で洗います。この時、力を入れすぎないようにしながら丁寧に洗いましょう。ハミガキ粉は入れ歯を傷つけるので使用しないでください。
  3. 歯ぐきは歯ブラシでこすると傷がつくため、指の腹でマッサージするようにしてきれいにしましょう。 

就寝前の入れ歯お手入れ方法

歯茎を休めるため、入れ歯を外して就寝しましょう。外した入れ歯は、入れ歯専用のブラシを使って、蛇口から出てくる流水で洗います。その後、細菌除去のため、入れ歯洗浄剤を入れたコップなどに起床迄浸けておきましょう。

起床したら、入れ歯を使用する前に流水でよく洗い流してから使用します。

入れ歯は変形を防ぐため、お湯は使用しないようにしてください。


入れ歯の定期検診について

入れ歯の定期検診はどうして必要?

「入れ歯なのになぜ定期検診が必要なの?」と思いになる方もいらっしゃるかもしれません。

歯茎や歯槽骨の状態は、年齢や様々な要因で変化していきます。さらに入れ歯に使用している人工の歯の部分も摩耗が起きてきます。これらの結果、入れ歯が合わなくなった状態で使い続けることになると、入れ歯の使用間だけでなく、口腔内や顎関節などにも影響が出てくることがあります。

歯がなくなった場合、歯茎は徐々に痩せていきます。はじめはピッタリ合っていた総入れ歯も、口腔内の状態によっては隙間ができるようになる場合があります。そうなると総入れ歯は安定しなくなってきます。定期検診を受けることで、口腔内のわずかな変化に対応して、入れ歯を微調整していきますので、ベストな状態を維持できます。